Biotector B3500c TOC アナライザー

B7000シリーズで実績を積んだ湿式2段階酸化方式を継承し、上水やボイラー水、最終放流水、回収水といった比較的低濃度なアプリケーション向けに開発されたB3500Cシリーズ。コンパクトな筐体に酸素濃縮器を内蔵して、試薬の補充頻度も6ヶ月以上と、扱い易さも大幅に向上しました。

 *高濃度対応のB3500e、低濃度対応のB3500C-ULが登場に、ラインナップも充実! 
・ 測定レンジB3500C: 0-25ppm (オプション:0-100ppm)
        B3500C-UL: 0-5ppm
        B3500e: 0-250ppm (オプション:0-1,000ppm)
・ 測定毎の自動セルフクリーニングにより、内部清掃や濾過フィルター交換などのメンテナンスから解放
・ 標準でCOD、BOD値への換算表示が可能
・ オプションで最大2流路+マニュアル入路まで拡張可能(B3500eは1流路+マニュアル入路のみ)
・ 結晶成分(塩濃度26%、カルシウム濃度12%)や、フッ酸等の腐食性成分を含んだ排水も測定可能 
・ 固形分最大粒径:100µm


測定原理・方式

BioTectorは特許取得した独自方式である2段階湿式酸化方式を採用しています。

1. TIC除去
pH値を1以下にし、サンプル中の炭酸塩、重炭酸塩等の無機性炭素化合物と酸を反応させ炭酸ガスとして放出。
放出された炭酸ガスは酸素ガスでNDIR検出器まで送られTIC値として測定。

2. TOC酸化
BiTector内部のオゾン発生器によって発生させたオゾンと水酸基を反応させてヒドロキシルラジカルを生成させます。このヒドロキシルラジカルの高い酸化力によって、サンプル中の有機物を酸化分解し、炭酸イオンとシュウ酸イオンを生成します。

3. TOC測定
炭酸イオンはpH値を2以下に下げることで酸と反応させ炭酸ガスを生成させます。
更に、オゾンと試薬に含まれるマンガンを触媒として作用させて、シュウ酸イオンから二酸化炭素を生成させます。
こうして得られた炭酸ガスをNDIR検出器に送り、TOC値を測定します。

測定方式の比較
2段階湿式酸化方式
燃焼式
湿式+UV酸化方式
 
  パーツナンバ
  Number of streams
  Class 1 Div 2
  VOC (Volatile Organic Carbon)
JPY 価格
B5ACAA152AAC2

比較

Single stream No No 0 to 25 mg/L C お問い合わせ
BEAAAA152AAA2

比較

Single stream No 0 to 250 mg/L C お問い合わせ
ページに表示する製品数 10   |   20   |   50