EZシリーズ フッ化物 アナライザー

EZシリーズ フッ化物 オンラインアナライザー(EZ3007)には、排水中のフッ化物をリアルタイム監視するため、自動サンプリングをイオン電極式で測定します。 典型的な用途は、排水、飲料水、プロセス水、地表水です。

EZ3007シリーズアナライザは直接ISE解析を使用します。
標準測定範囲:1 - 10 mg/L

EZ3500シリーズアナライザは、標準添加のISE測定を使用します。
- EZ3507、標準測定範囲:1 - 10 mg/L
- EZ3508、標準測定範囲:10 - 100 mg/L

すべての分析装置のオプションは次のとおりです。
- 標準範囲の25%または50%への校正
- サンプリングポイントあたりのコストを削減するマルチストリーム解析(1〜8ストリーム)
- 通信用のアナログおよび/またはデジタル出力

・一律排水基準/ふっ素及びその化合物
海域以外の公共用水域に排出されるもの:8 mg F/L
海域に排出されるもの:15 mg F/L

用途によっては、サンプルの前処理にサンプリング/ろ過または外部希釈システムを使用する必要があります。 このオプションについては、EZ9000サンプルプレコンディショニングページを確認してください。

サポートや別の設定が必要ですか? お問い合わせください。
 
ページに表示する製品数 10   |   20   |   50