EZシリーズ 銅 アナライザー

EZシリーズオンラインアナライザには、水中の銅を監視するための複数のオプションがあります。典型的な用途は、排水、飲料水、蒸気および発電、地表水です。

EZ1000およびEZ2000シリーズアナライザーは、比色分析を使用して銅を測定します。
- EZ1010銅Cu(II)、溶解、標準測定範囲:0 - 3 mg / L
- EZ1011銅Cu(II)、溶解、標準測定範囲:0 - 5 mg / L
- EZ2002銅、合計、標準測定範囲:0 - 3 mg / L
- EZ2302銅、合計&銅Cu(II)、溶解、標準測定範囲:0 - 3 mg / L

すべてのEZ1000とEZ2000のオプションは次のとおりです。
- 標準範囲の10%、25%、または50%の校正
- 内部希釈
- サンプリングポイントあたりのコストを削減するマルチストリーム解析(1〜8ストリーム)
- 通信用のアナログおよび/またはデジタル出力

EZ6000シリーズアナライザは、ボルタンメトリーを使用して銅を測定します。
- EZ6004銅Cu(II)、溶解
- EZ6103溶解銅Cu(II)、溶解カドミウムCd(II)、溶解
- EZ6108銅Cu(II)溶解&カドミウムCd(II)溶解&鉛Pb(II)溶解
- EZ6302銅、合計&カドミウム、合計
- EZ6307銅、合計&カドミウム、合計&鉛、合計
標準測定範囲:0 - 100 µg / L

EZ6000アナライザのオプションは次のとおりです。
- 内部希釈
- サンプリングポイントあたりのコストを削減するマルチストリーム解析(1〜6ストリーム)
- 通信用のアナログおよび/またはデジタル出力

用途によっては、サンプルの前処理にサンプリング/ろ過または外部希釈システムを使用する必要があります。このオプションについては、EZ9000サンプルプレコンディショニングページを確認してください。

下の表のフィルタを使用して、銅分析計を見つけてください。サポートや別の設定が必要ですか?お問い合わせください。
 
ページに表示する製品数 10   |   20   |   50