オービスフェア K1100 LDO酸素センサ(インライン用途向け、0~2,000 ppb、28 mm オービスフェア管継手)

Product #: K1100-S00
JPY 価格: お問い合わせ

メンテナンス不要の発電所用光学酸素センサ。

電力産業用途向けに最適化した高精度発光式溶存酸素(LDO)センサ。
メンブレンと電解液を使用しないので、流量の変化などのプロセス変化によってセンサの精度が低下することがありません。メンテナンス費用及び運転費用が大幅に抑制されます。このセンサは、機械的な堅牢性を確保して稼働寿命を延ばし、維持費の総額が最適になるように設計されています。

Orbisphere K1100は2秒ごとに測定を行うので、応答時間が非常に短くなっています。12か月間に渡り、この頻度で正確に測定を行うことができます。K1100は、校正不要であり、同一条件においてわずか数か月経つと大きなドリフトを呈する他の光学式及び電気化学式センサを凌駕します。この光学センサは、ドリフトが最小になる設計になっていますので、市販センサのうち、安定性がもっとも高く、校正間隔がもっとも長くなっています。これを実現するに当たって、スポットを長寿命化し、コントローラソフトウェアを最適化しました。

メンテナンスの作業時間はわずか2分であり、ゼロ点校正以外不要ですので、従来の電気化学式センサ及びその他の発光式センサに比肩する費用便益が得られます。気相校正機能を用いていますので、薬品が不要であり、そのため、作業がさらに容易かつ安全になっていて、測定精度が低下することもありません。

  • 年一回校正
  • メンブレン不要 = 所要メンテナンス時間2分
  • 安価に後付け
  • これまでにない水準の信頼性